気になる大陰唇の黒ずみ対策

デリケートゾーンの黒ずみの中でも気になるのが大陰唇ですが、すぐ近くに膣があるので、ケアは慎重を要します。ケアを間違えると黒ずみが悪化します。したがって、ピーリング剤などの使用は控えるようにしましょう。

◆黒ずみになる原因を取り除く
大陰唇の黒ずみ対策では、その原因を取り除くことが大切です。大陰唇は半ば粘膜に近い肌で、刺激に弱いのです。ですから、できるだけ刺激をしないようにしましょう。たとえば座った時の体重や、下着との摩擦も大きな刺激になります。

もちろんカミソリなどでのアンダーヘアーセルフケアも大きな刺激になります。また、洗う時に力を入れたりすることや、きつい下着も良くありません。

◆メラニン色素の生成を抑制する
肌を刺激から保護するためにメラニン色素が生成されます。この場合の肌への刺激は、紫外線もふくまれます。もちろん下着類との摩擦や、肌の乾燥も刺激になります。

黒ずみの原因となるメラニン色素を生成するメラノサイト細胞をブロックすると、黒ずみになりません。

◆メラノサイト細胞をブロックするトラネキサム酸
トラネキサム酸という成分にはメラノサイト細胞の働きをブロックする作用があります。トラネキサム酸の美白効果は厚生労働省に認可されているので、安全です。

トラネキサム酸を使いがら、下着と陰部の敏感な肌との摩擦を減らす工夫をすることで、気になる大陰唇の黒ずみを大幅に改善できます。

つまり、いくつかの点に気を配るケアをすれば、デリケートゾーンの黒ずみは予防できますし、改善することができるのです。ただし、即効性はないので、毎日のケアが必要になります。股 黒ずみ

 

出産後のデリケートゾーンの黒ずみ対処法

妊娠と出産では女性ホルモンバランスが不安定で、黒ずみになりやすいようです。この場合の黒ずみは陰部と乳首、脇下やお腹など、比較的皮膚が薄く、刺激に敏感な場所に出てきます。

◆産後の黒ずみは妊娠性肝斑
出産後の黒ずみは正しくは妊娠性肝斑で、その主な原因は女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの増加です。これらの女性ホルモンが増えるとメラニン色素の生産量も増えるので、陰部などが黒ずみやすくなります。

特に刺激に弱い陰部や乳首に多く見られるようですが、特に出産でなくてもこれらの部位はメラニン色素が分泌されやすいのです。

つまり妊娠・出産すると黒ずみができるというよりは、女性ホルモンの変化でメラニン色素の生産と分泌量が増えるのです。

◆残った黒ずみは自然に消える
出産と関係がある黒ずみの妊娠性肝斑は、大体産後2~3ヶ月が経てば自然と消えます。ただし、いつまでも黒ずみが消えないような場合は、何らかの対処をすべきでしょう。

◆適切な対処法
産後にできた黒ずみが3ヶ月以上経っても消えない時には、市販されている美白効果がある黒ずみ専用クリームを使ってみましょう。

普通の美白クリームではなく、黒ずみ対策に効果があるとされるものを使います。なぜなら、これらの美容クリームにはメラニンの生産を止める成分が配合されているからで、間違っても顔用などのものを使ってはいけません。

市販されている商品の説明書をきちんと読んで確認してください。間違ったクリームを使うと黒ずみが消えるどころか、ますますひどくなるリスクがあります。