プラセンタでデリケートゾーンの黒ずみを改善

プラセンタは美容と言う観点で以前から広く知られています。プラセンタは、陰部の黒ずみを軽減する美白効果もあります。

◆プラセンタの美白効果
プラセンタはチロシナーゼというメラニン色素に関わる物質をブロックする効果があります。これがプラセンタの美白効果で、また、活性酸素を取り去る効果と、抗炎症効果もあり、肌が黒くなるのを抑制します。さらに、皮膚のターンオーバーを正常化する効果もあります。

 

◆プラセンタの種類
プラセンタの種類は、人間の胎盤から採るものがありますが、これは認可された製薬会社だけしか製造でない医薬品で、医療機関のみでの使用に限られます。

ほかには牛の胎盤から採るプラセンタがありますが、狂牛病以降は使用が禁じられています。ほかには、豚の胎盤から採取するものがありますが、今はあまり使われていません。

現在の主流は植物由来のプラセンタで、原料はライ麦や大豆などです。植物プラセンタは胚から成分を採ります。胚には発芽や成長のための栄養がたくさん入っています。

 

◆プラセンタのリスク
プラセンタはサプリや注射などで摂取できます。植物プラセンタ以外では、馬のプラセンタが安全とされています。理由は馬の体温が高いため、寄生虫が寄り付かないからです。

リスクとしては、健康食品でプラセンタでは、アミノ酸やたんぱく質が入っている場合、アレルギー反応が出ることがあります。ですから、アレルギーが心配な人は塗る前にパッチテストをした方がいいでしょう。

つまりプラセンタのリスクではなく、たんぱく質などのアレルギーのリスクがあります。

 

デリケートゾーンに安全な美白成分のトラネキサム酸

美白成分はいくつかあり、確かに美白効果はあるものの、副作用などのリスクが問題になるものがあります。しかしトラネキサム酸は安全なアミノ酸で、医薬部外品として市販されています。

この成分は抗炎作用や止血、あるいは抗アレルギーなどに効能がみられ、病院でも湿疹や蕁麻疹、あるいは止血に使っています。

◆トラネキサム酸には内服と外用がある
この安全で美白効果がある薬は黒ずみ対策にも有効なようですし、シミを消すことも可能で、ビタミンCや美白外用剤と併用すると、さらに効果があるようです。ちなみに内服薬と塗り薬の外用薬がありますが、黒ずみには内服薬が良いとのことです。

 

◆美白効果のメカニズム
デリケートゾーンが黒ずみになるのは、外からの肌への刺激により体内でメラニンが生成され、肌の細胞に分泌するからです。トラネキサム酸には抗プラスミン作用があり、これがメラニン色素の生産を阻止します。

肌が紫外線や摩擦などで刺激されると、体内のメラノサイト細胞がメラニン色素を生産します。トラネキサム酸はプロスタグランジンという物質の伝達を阻止しますから、メラニン色素の生産がおこなわれなくなり、黒ずみの改善と予防にも効果があります。

 

◆塗り薬にも配合
内服薬で黒ずみ改善が可能なトラネキサム酸は、もちろん外用の塗り薬としても使われ、塗り薬としてクリームやジェルなどに配合されています。
それはm-トラネキサム酸で、安全な美白成分ですから医薬部外品として、厚生省が認可しています。

したがって、トラネキサム酸は安全ですから、医師の処方箋がなくても購入できますし、市販のクリームやジェルの説明書にも記載された用法と容量を守れば、安心してデリケートゾーンの黒ずみ対策に使用できます。デリケートゾーン 黒ずみ 対策